(株)大工不動産のホームページはこちら

家を買う時の手付金ってなに?返ってくるの?頭金0円の物件でも必要?

 

手付金とは

この記事でわかること
  1. 手付金とは?
  2. 戻ってくるお金なの?
  3. 手付金はいくら必要?相場は?
  4. 「頭金0円で買えます」って宣伝してる物件の真実

 

埼玉県所沢市の(株)大工不動産の平野です。

 

平野

今回のコラムは手付金について書いていきます。

 

手付金(てつけきん)って言葉は聞いたことがありますでしょうか?

 

よく買いたいものを予約しておさえるのに「手付けを打つ」なんて言いますよね。

 

では、新築一戸建てを買う時の手付金はどのような意味合いなのかご説明していきます。

 

新築一戸建てを買う時の手付金(てつけきん)とは?

物件の売買契約成立

新築一戸建てを買う時の手付金には意味合いが2つあります。

①手付金は正式に契約が結ばれた証拠

手付金は一般的に契約書を交わす時に売主さんに支払って、売買代金の一部にあてられます。

(2,500円の物件で手付金50万円の場合、決済時(引渡し)に2,450万円を振り込む)

 

大工不動産

正式に契約しましたよ、という意味合いがあります

 

新築一戸建てを購入するときには、まず購入申込書を書いて、そのあと(当日や後日)に契約手続きになります。

 

購入申込書を書いた時点では手付金を払っていないので、

「先に契約して手付金払うから私に買わせてください!」なんて人が現れて気に入った物件を取られてしまうなんてアクシデントが時にあったりします。

 

正式に契約をして手付金を払ったら、もう売れてしまったり取られたりしないので安心です。

 

②契約をやめたくなった時の解約手付

さて、無事に物件の契約が終わり住宅ローンが通れば物件の土地・建物は自分のものになります。

 

正式に契約したのに事情が変わり、自分の都合で万が一契約をやめたくなった場合です。

 

・もっといい物件があった

・急に転勤が決まった

・親に反対された

 

いろんなケースがあるかと思います。

 

その場合は「払った手付金いらないから契約をやめさせてください」ということになります。

 

すでに正式な契約を済ませていますので、簡単にやめることができません。

 

自分の都合だけでやめるなら手付金を放棄することになります。

 

ですので、きちんと考えて、心配なことは解決してから契約するようにしましょうね。

 

あと、逆に売主さんが売るのをやめたくなった場合は、手付金を返してさらに手付金と同額を支払ってやめることができます。

 

大工不動産

手付の倍返し、というやつですね

 

新築一戸建ての売主さんは業者さんがほとんどですから、売るのをやめたいというのはあまり考えづらいですが、「解約手付」にはこのような意味合いがあります。

 

一般的に手付金放棄でやめられる期間は物件の売買契約書に書いてあります。契約後1週間~3週間くらいでケースバイケースです。

 

手付金が戻ってくるケース

手付金が戻ってくるケース

ここでは、物件の引き渡しができなかった場合の手付金が戻ってくるケースをお伝えしますね。

 

先程説明した「解約手付」は、あくまでも自分の都合でやめるときの話で、契約後にどうしても引き渡しができない場合は手付金が戻ってきます。

 

手付金が戻ってくる例

・住宅ローンがどこの金融機関でも通らなかった場合

・地震や台風などで引き渡しができないレベルで物件が壊れてしまった場合、等々

 

簡単に言うと「誰のせいでもないのに引き渡しができない」場合は手付金が戻ってきて白紙解約になります。

 

物件が壊れてしまった時に直せるレベルであれば売主さんの責任と費用負担で直してから引き渡し、となります。

 

こういったケースの場合の解約の決まりも、売買契約書や重要事項説明書に書いてあります。

 

大工不動産

ちなみに売買契約書に貼った印紙代は戻らないのでご注意を

 

手付金っていくら位必要?金額の相場は?

手付金はどのくらい必要か

じゃあ手付金はいくら払えばいいのでしょうか。

 

売主さんの立場としては、せっかく契約してもらえて売れたのに解約してほしくありません。

 

もう手付金いらないからやーめた!って言われないように低すぎる金額だと契約できません。

 

一般的には手付金は30万円・50万円・100万円の場合が多いです。キリの良い金額ですね。

 

売主の建売業者さんによっては手付金は50万円からじゃないとダメというところもあります。

 

頭金をたくさん入れたい場合も、手付金は高額すぎなくて大丈夫ですよ。住宅ローンで借りる額を減らして通帳にお金を入れておけばあてられますので。

 

手付金があまり用意できない場合、10万円、20万円でも契約させてもらえる場合もあります。

 

建売会社さんによっては要相談ですが、できれば30万円~50万円は用意したいところです。

 

新築一戸建てを買いたいけど手付金がない、用意できないときの注意点

新築一戸建てを買いたいけど手付金がない

家を買いたいけど貯金がない、手付金が払えない場合の話です。

 

大工不動産

単刀直入に言うと、

 

身内(親とか)に一時的に出してもらうか、お金を貯めましょう

 

間違っても、キャッシングとかしちゃダメです。住宅ローンにかなり影響します。借りちゃダメ。

 

あと、要注意。

不動産会社に借りちゃダメですよ。手付金を貸して契約を勧めるのは法律で禁止されてます。

 

不動産屋

手付金貸すから契約しましょう!

 

って不動産仲介会社さんに言われたらアウト!その会社さんから買うのはやめてください。ダメ!ゼッタイ!

 

「頭金0円で新築一戸建てが買えます」正確には違います

頭金なし(0円)で新築一戸建てが買えるか

よくチラシやインターネットの不動産サイトで見かける宣伝のセリフですが、

 

頭金0円で買えます!

 

というやつ。厳密にいうとちょっと違うんですよね。

 

さっきから説明しているように、契約するときに手付金が必要です。

 

頭金0円というのは、フルローンを組めば払った手付金が通帳に残る、という意味合いです。

 

物件価格3,000万円、諸費用200万円で合計3,200万円

手付金を100万円払った、(残り必要なのは3,100万円)

3,200万円の住宅ローンを組んだ

残り必要な3,100万円を支払って通帳に100万円余った

 

このような流れになります。ですので手付金の分が返ってきた、余ったという解釈になりますね。

 

関連記事>>安く節約!新築一戸建て(建売)諸費用の種類/見積り・計算シミュレーション

 

しかし契約するときに手付金は必要です。

 

実質頭金なしで家が買えるのかもしれませんが、手付金は必ず用意しなきゃいけませんので、私は頭金0円で買えます!って言ったことないです。

 

頭金なしで宣伝している物件も、手付金は必要ですから覚えておいてください!

 

手付金についてのまとめ

新築一戸建てを買うために計画

今回は売買契約のときに必要な手付金についてのコラムでした。

 

家を買うときには思いのほか、いろんなお金がかかります。引っ越し費用や、家具家電も新しくしたくなったり、新しくカーテン買ったり。

 

賃貸に引っ越すのだって、敷金0円、礼金0円だったとしても初期費用が必要ですよね。

住まいを変えるのはお金がかかるんです。

 

家を買いたいと思ったら、できれば身内に借りるのも控えて、毎月少しずつでいいですからお金を貯めて計画していきましょう。

 

その間に物件を見たり、家具とかネットで探したり、買うまでの間も家探しを計画的に楽しんでもらいたいです^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA